語源 由来 は?!

ハヤシライス ってみなさんは普段どのくらい食べてますか?
多分、カレーライスほどは食べてない・・・って人多いんじゃないでしょうか?

我が家の定番メニューになって "いない" というおうちも少なくないと思います。(何を隠そう・・・我が家もそうです)


『ハヤシライス』とは・・・

薄切りした牛肉とタマネギをバターで炒め、赤ワインとドミグラスソースで煮たものを白飯の上にかけた料理です。
日本独自の料理で、代表的な洋食のひとつでもありますよね。大阪・神戸では「ハイシライス」と称する場合もあるようですよ。
洋食屋では、たまねぎと薄切りの牛肉を炒めてトマトケチャップで和え、ドミグラスソースで軽く煮込んで作る事が多いみたいなのですが・・・。


ところで・・・
ハヤシライスの語源・由来ってご存知ですか?

ハヤシライスの名前の由来にはいろいろな説がありますが、次の2つが有力説と言われています。
1つは、「牛肉をこま切れにする」という意味のハッシュドビーフが略されてハヤシライスになったという説。
もう1つは、早矢仕 有的(はやし ゆうてき)という名の人が考案した料理だからという説です。

< 早矢仕 説の 豆知識 >
早矢仕 有的は、丸屋商社(現・丸善)の創業者で、文明開化のころ西洋文化をいち早くとり入れて洋書、文具などの輸入を始めました。
彼は洋食にも興味を示し、こま切れにした牛肉と野菜類の煮こみ料理を考案して、客人をもてなしたそうです。
この料理が おいしい と評判になり、早矢仕さんの作った料理なので「ハヤシライス」と呼ばれ、レストランのメニューにも登場するようになりました。